「大政奉還150周年記念特別企画 坂本龍馬も通った正門から入ろう」のご案内

岩倉具視幽棲旧宅では、大政奉還150年の記念の年にあたり、下記のイベントを開催いたします。

当館学芸員の解説を聞きながら、坂本龍馬ら旧宅を訪れた志士の気分に浸ってみませんか。皆さんのお越しをお待ちしております。


○大政奉還150周年記念特別企画 坂本龍馬も通った正門から入ろう

 岩倉具視の命日7月20日にあわせて、普段開放していない正門から特別にご入場いただけます。幕末当時、坂本龍馬ら旧宅を訪れた志士たちの気分を味わってみませんか。入場者には記念品をプレゼント。特別解説の際には鄰雲軒に上がっていただけます。

日時:7月16日(日)、20日(木)、23日(日)の開場時間(9時~17時)

特別解説:「晩年の岩倉具視と京都」(参加無料)
上記日程で1日3回(10時、13時、14時)、当施設学芸員による特別解説を鄰雲軒で開催いたします。

申し込み:不要

お問い合わせ先:

岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

 住所:京都市左京区岩倉上蔵町100

 電話・FAX:075-781-7984

 

 

【お知らせ】土日祝限定無料ガイド

岩倉具視幽棲旧宅では、土日祝限定の無料ガイドを実施しています。

 

「岩倉具視幽棲旧宅の歴史的価値とは?」

「岩倉具視はなぜ、幽棲しなくてはいけなかったの?」

 

ぜひこの機会に、史跡である岩倉具視幽棲旧宅について、少し詳しく聞いてみませんか?

皆様のご来場をお待ちしております。

 

【無料ガイド実施概要】

ガイド実施日:土日祝

ガイド実施時間:10時~16時

ガイド実施場所:岩倉具視幽棲旧宅

「岩倉具視幽棲旧宅 ミュージアム・トーク」のご案内


 岩倉具視幽棲旧宅では、「ミュージアム・トーク」を開催いたします。

 岩倉具視幽棲旧宅にある主屋・附属屋・繋屋や対岳文庫のしつらえや建築などについて当時の生活や風習、文化などを交えて当施設学芸員が解説します。解説の際には、しつらえの側でじっくりご見学いただけます。

休憩所では、無料のコーヒーやお茶のサービスも開始し、皆さんのお越しをお待ちしております。

○ミュージアム・トーク(全10回)

 主屋・附属屋・繋屋や対岳文庫のしつらえや建築などについて当時の生活や風習、文化などを当施設学芸員の解説を聞きながら、しつらえの側でじっくりご見学いただけます。参加無料・事前予約も不要ですので、お気軽にぜひご参加下さい。

日時:4月~3月 毎月第4土曜日、13時30分~14時15分(8月、12月はお休みです)

場所:岩倉具視幽棲旧宅

募集人数:15名    

受講料:無料(別途要入園料、70歳以上入園料無料)

各回の予定内容:
平成29年4月22日(土)第1回「ふすま」(終了しました)
平成29年5月27日(土)第2回「ガラス障子」(終了しました)
平成29年6月24日(土)第3回「床の間」
平成29年7月22日(土)第4回「トイレ」
平成29年9月23日(土)第5回「玄関」(仮)
平成29年10月28日(土)第6回「台所」(仮)
平成29年11月25日(土)第7回「風呂」(仮)
平成30年1月27日(土)第8回「門」(仮)
平成30年2月24日(土)第9回「武田五一」(仮)
平成30年3月24日(土)第10回「あかり」(仮)


講座の申し込み方

予約不要です。

お問い合わせ先

岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100

 電話・FAX:075-781-7984

※お申し込みの際に、お名前と連絡先を伺います。

「くずし字を読んでみよう(古文書講座 初級編)」講座のご案内

20160802_地域の古文書を読んでみよう岩倉具視幽棲旧宅では、くずし字に親しみ、地域の古文書を読みとく講座を開催いたします。

当館学芸員の手ほどきのもとで、岩倉地域にかかわる江戸時代の古文書や名所図絵などを用いて学習します。

古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、江戸時代の岩倉村の生き生きとした様子を学ぶことが出来ます。

休憩所では、無料のコーヒーやお茶のサービスも開始し、皆さんのお越しをお待ちしております。


○くずし字を読んでみよう(古文書講座 初級編 全10回)

*途中回からの参加も可能です。

地域に関わる古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより初歩から学んで古文書を読む技術を身につけ、昔の地域社会について一緒に学びましょう。

日時:4月~3月 毎月第3土曜日、10時00分~11時30分(8月、12月はお休みです)

場所:岩倉具視幽棲旧宅

募集人数:15名    

受講料:700円(1回分、資料代含む、別途要入園料、70歳以上入園料無料)

各回の予定内容:
平成29年4月15日(土)第1回「くずし字にふれてみよう」(終了しました)
平成29年5月20日(土)第2回「数字をよんでみよう(1)」(終了しました)
平成29年6月17日(土)第3回「数字をよんでみよう(2)」(仮)
平成29年7月15日(土)第4回「ひらがなをよんでみよう(1)」(仮)
平成29年9月16日(土)第5回「ひらがなをよんでみよう(2)」(仮)
平成29年10月21日(土)第6回「地域の寺社のようすを知ろう(1)」(仮)
平成29年11月18日(土)第7回「地域の寺社のようすを知ろう(2)」(仮)
平成30年1月20日(土)第8回「江戸時代の村のようすを知ろう(1)」(仮)
平成30年2月17日(土)第9回「江戸時代の村のようすを知ろう(2)」(仮)
平成30年3月17日(土)第10回「江戸時代の村のようすを知ろう(3)」(仮)


講座の申し込み方

岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。

各講座の申し込み先

岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100

 電話・FAX:075-781-7984

※お申し込みの際に、お名前と連絡先を伺います。

「岩倉具視の古文書を読む」講座のご案内

 


岩倉具視幽棲旧宅では、岩倉具視の古文書を読む講座を開催いたします。

岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう。古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、岩倉具視の異なった側面を知ることが出来ます。

逐次参加を受け付けています。全10回の途中からの参加もOKです。

休憩所では、無料のコーヒーやお茶のサービスも開始し、皆さんのお越しをお待ちしております。

○岩倉具視の古文書を読む(全10回)

*途中回からの参加も可能です。

岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう。鄰雲軒や対岳文庫を会場と使用する予定です。

日時:4月~3月 毎月第4土曜日、10時00分~11時30分(8月、12月はお休みです)

場所:岩倉具視幽棲旧宅

募集人数:15名    

受講料:700円(1回分、資料代含む、別途要入園料、70歳以上入園料無料)

各回の予定内容:
平成29年4月22日(土)第1回「岩倉具視の手紙を読んでみよう」(終了しました)
平成29年5月27日(土)第2回「岩倉具視の家族宛の手紙を読む」(終了しました)
平成29年6月24日(土)第3回「岩倉具視の日記を読む(1)文久期」
平成29年7月22日(土)第4回「岩倉具視の日記を読む(2)文久期」
平成29年9月23日(土)第5回「岩倉具視の日記を読む(3)慶応期」(仮)
平成29年10月28日(土)第6回「薩長同盟のころの史料を読む」(仮)
平成29年11月25日(土)第7回「大政奉還のころの史料を読む」(仮)
平成30年1月27日(土)第8回「王政復古のころの史料を読む」(仮)
平成30年2月24日(土)第9回「さまざまな岩倉具視の古文書(1)」(仮)
平成30年3月24日(土)第10回「さまざまな岩倉具視の古文書(2)」(仮)


講座の申し込み方

岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。

各講座の申し込み先

岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100

 電話・FAX:075-781-7984

※お申し込みの際に、お名前と連絡先を伺います。

「岩倉具視の古文書を読む」講座のご案内

 


岩倉具視幽棲旧宅では、岩倉具視の古文書を読む講座を開催いたします。

岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう。古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、岩倉具視の異なった側面を知ることが出来ます。

逐次参加を受け付けています。全10回の途中からの参加もOKです。

休憩所では、無料のコーヒーやお茶のサービスも開始し、皆さんのお越しをお待ちしております。

○岩倉具視の古文書を読む(全10回)

*途中回からの参加も可能です。

岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう。鄰雲軒や対岳文庫を会場と使用する予定です。

日時:4月~3月 毎月第4土曜日、10時00分~11時30分(8月、12月はお休みです)

場所:岩倉具視幽棲旧宅

募集人数:15名    

受講料:700円(1回分、資料代含む、別途要入園料、70歳以上入園料無料)

各回の予定内容:
平成29年4月22日(土)第1回「岩倉具視の手紙を読んでみよう」(終了しました)
平成29年5月27日(土)第2回「岩倉具視の家族宛の手紙を読む」
平成29年6月24日(土)第3回「岩倉具視の日記を読む(1)文久期」(仮)
平成29年7月22日(土)第4回「岩倉具視の日記を読む(2)文久期」(仮)
平成29年9月23日(土)第5回「岩倉具視の日記を読む(3)慶応期」(仮)
平成29年10月28日(土)第6回「薩長同盟のころの史料を読む」(仮)
平成29年11月25日(土)第7回「大政奉還のころの史料を読む」(仮)
平成30年1月27日(土)第8回「王政復古のころの史料を読む」(仮)
平成30年2月24日(土)第9回「さまざまな岩倉具視の古文書(1)」(仮)
平成30年3月24日(土)第10回「さまざまな岩倉具視の古文書(2)」(仮)


講座の申し込み方

岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。

各講座の申し込み先

岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100

 電話・FAX:075-781-7984

※お申し込みの際に、お名前と連絡先を伺います。

【お知らせ】岩倉具視幽棲旧宅の広報パンフレットができました

この度、岩倉具視幽棲旧宅の新しい広報パンフレットができました。

表面は岩倉公が愛しんだ鄰雲軒からの庭園の景色、裏面には旧宅の紹介と洛北地域散策を楽しめる周辺地図を掲載しています。

春の洛北にお越しの際は、この地図片手に岩倉地域を散策してみませんか?

パンフレットはこちら 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

第22回京都ミュージアムロード参加のお知らせ

 第22回京都ミュージアムロード~巡って・学んで・楽しもう~に当施設も参加いたします。

 ミュージアムロードでは、参加施設を3箇所めぐり、スタンプを応募はがきに押して応募すると、抽選で素敵な記念品が当たります。記念品は合計69種類、587品あります。
 開催期間は1月25日(水)~3月20日(月・祝)になります。当施設にもスタンプを設置しておりますので、是非お立ち寄りください。
 詳しくは京都市内博物館施設連絡協議会(京博連)ホームページの「第22回京都ミュージアムロード~巡って・学んで・楽しもう~(スタンプラリー)」でご確認ください。

 

第22回京都ミュージアムロード~巡って・学んで・楽しもう~(スタンプラリー)

http://www.kyohakuren.jp/news/2016/12/post-34.html

 

 楽しみながら各施設を巡って、奥深い京の文化を体感してください。たくさんのご応募をお待ちしております。

3/25 岩倉具視の古文書を読む 講座の案内

20160802_岩倉具視の古文書を読む岩倉具視幽棲旧宅では、3月25日に岩倉具視の古文書を読む講座を開催いたします。

岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう。古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、岩倉具視の異なった側面を知ることが出来ます。

逐次参加を受け付けています。全7回の途中からの参加もOKです。

休憩所では、無料のコーヒーやお茶のサービスも開始し、皆さんのお越しをお待ちしております。


 

 ○岩倉具視の古文書を読む(全7回)

岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう。

日時:3月25日 11時~12時30分

場所:岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所 休憩室

募集人数:10名    

受講料:700円(1回分、資料代含む、別途要入園料、70歳以上入園料無料)

 


講座の申し込み方

岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。

各講座の申し込み先

岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100

 電話・FAX:075-781-7984

※お申し込みの際に、お名前と連絡先、どの講座の受講を希望されるか伺います。

※ちらしのダウンロードはこちら 岩倉歴史講座チラシ