(お知らせ)明治維新150年記念現地見学会「幕末・維新の歴史を歩く」第4回について

 大変ご好評をいただいております「幕末・維新の歴史を歩く」の第4回として、今回は伏見にある幕末維新に関する史跡をご案内いたします。

 江戸から明治へ時代移り変わるクライマックスに行われた江戸幕府と新政府軍が激突した鳥羽・伏見の戦い。その舞台となった伏見を、当施設学芸員と一緒に一緒に歩きませんか。普段見学いただけない史跡も現場でわかりやすく解説しいたします。

日時:2018年11月18日(日)9:30~12:00
講師:重岡伸泰(岩倉具視幽正旧宅 指定管理者 植彌加藤造園株式会社 学芸員)
募集:20名(少雨決行)
参加費:1000円
コース(予定):京阪丹波橋駅→大黒寺→薩摩藩邸跡→松林院→魚三楼→御香宮神社→伏見奉行所跡→維新戦跡→観月橋駅