(お知らせ)地域史跡見学会「洛北岩倉地域の歴史を歩く」開催について

 洛北岩倉地域には、様々な古くからの歴史が刻まれています。平安遷都、応仁の乱、天文法華の乱・・・。地域に残る歴史を当施設学芸員と一緒に一緒に歩きませんか。歴史の現場でわかりやすく解説しいたします。

開催日時:2018年6月10日(日)10:00~12:00
集合場所:岩倉具視幽棲旧宅
料  金: 1000円(資料代込み) ※少雨決行

定  員:20名
コ ー ス:岩倉具視幽棲旧宅→山住神社→石座神社→旧大雲寺境内(昌子内親王墓、観音の滝、実相院門跡墓など)→岩倉具視幽棲旧宅(予定)

申し込み方法:岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口あるいは、下記の電話、FAXにてお申し込みください。

 岩倉具視幽棲旧宅管理事務所 電話 075-781-7984 FAX 075-781-7984

※京都市共催事業

 

 

 

 

 

 

(お知らせ)明治維新150年記念現地見学会「幕末・維新の歴史を歩く」第3回について

 幕末、歴史の舞台が京都へと移り、御所周辺が動乱の中心地となりました。和宮降嫁、文久政変、禁門の変、小御所会議など、岩倉具視や西郷隆盛、大久保利通など、彼らを巡る人物たちが活躍した舞台を、当施設学芸員と一緒に一緒に歩きませんか。歴史の現場でわかりやすく解説しいたします。

日時:2018年6月3日(日)10:00~12:00

コース(予定):京阪出町柳駅→大久保利通邸跡→鷹司邸跡→九条邸跡→西園寺公望邸跡→有栖川宮邸跡→蛤御門→近衛邸跡→柳原邸跡→薩摩藩邸跡→相国寺→今出川駅

講師:重岡伸泰(岩倉具視幽棲旧宅 指定管理者 植彌加藤造園株式会社 学芸員)
募集:20名(少雨決行)
参加費:1000円

申し込み方法:岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口あるいは、下記の電話、FAXにてお申し込みください。

 岩倉具視幽棲旧宅管理事務所 電話 075-781-7984 FAX 075-781-7984

※京都市共催事業

 

 

 

 

 

(お知らせ)岩倉具視幽棲旧宅 ミュージアム・トーク(全10回)について

 岩倉具視幽棲旧宅にある主屋・附属屋・繋屋や対岳文庫のしつらえや建築などについて当時の生活や風習、文化などを交えて当施設学芸員が解説します。解説の際には、しつらえの側でじっくりご見学いただけます。参加無料・事前予約も不要ですので、お気軽にぜひご参加下さい。

開催日:4月~3月 第4土曜(8月、12月は休み)
時間:13時30分~14時15分
場所:岩倉具視幽棲旧宅 鄰雲軒・対岳文庫・事務所棟休憩室
定員:15人(事前申し込み不要です。当日窓口でお申し出ください。)
料金:無料(別途要入場料)
問い合わせ先:岩倉具視幽棲旧宅管理事務所
住所:京都市左京区岩倉上蔵町100
電話・FAX:075-781-7984

各回の予定内容 

平成30年4月28日(土)第1回「台所」(終了)しました)
平成30年5月26日(土)第2回「ふすま」(終了)しました)
平成30年6月23日(土)第3回「ガラス障子」
平成30年7月28日(土)第4回「トイレ」
平成30年9月22日(土)第5回「門」(仮)
平成30年10月27日(土)第6回「床の間」(仮)
平成30年11月24日(土)第7回「風呂」(仮)
平成31年1月26日(土)第8回「玄関」(仮)
平成31年2月23日(土)第9回「対岳文庫」(仮)
平成31年3月23日(土)第10回「あかり」(仮)

(お知らせ)岩倉具視の古文書を読む(全10回)について

 岩倉具視幽棲旧宅では、岩倉具視の古文書を読む講座を開催いたします。岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう

 古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、岩倉具視の異なった側面を知ることが出来ます。逐次参加を受け付けています。全10回の途中からの参加もOKです。

開催日:4月~3月 第4土曜(8月、12月は休み)
時間:午前10時~11時30分
場所:岩倉具視幽棲旧宅 鄰雲軒・対岳文庫・事務所棟休憩室
定員:15人
料金:1回700円(別途要入場料)
申し込み方法:
 岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。
岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100
電話・FAX:075-781-7984

各回の予定内容
平成30年4月28日(土)第1回「岩倉具視はどんな手紙を書いていたのか?」(終了)しました)
平成30年5月26日(土)第2回「岩倉具視の建白書を読む(1)」(終了)しました)
平成30年6月23日(土)第3回「岩倉具視の建白書を読む(2)」
平成30年7月28日(土)第4回「岩倉具視の日記を読む(1)」
平成30年9月22日(土)第5回「岩倉具視の日記を読む(2)」(仮)
平成30年10月27日(土)第6回「岩倉具視の幕末の手紙を読む(1)」(仮)
平成30年11月24日(土)第7回「岩倉具視の幕末の手紙を読む(2)」(仮)
平成31年1月26日(土)第8回「岩倉具視の明治の手紙を読む(1)」(仮)
平成31年2月23日(土)第9回「岩倉具視の明治の手紙を読む(2)」(仮)
平成31年3月23日(土)第10回「岩倉具視の明治の手紙を読む(3)」(仮)

 

(お知らせ)くずし字を読んでみよう(古文書講座 初級編 全10回)について

 岩倉具視幽棲旧宅では、くずし字に親しみ、地域の古文書を読みとく講座を開催いたします。当館学芸員の手ほどきのもとで、岩倉地域にかかわる江戸時代の古文書や名所図絵などを用いて学習します。

 古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、江戸時代の岩倉村の生き生きとした様子を学ぶことが出来ます。

開催日:4月~3月 第3土曜(8月、12月は休み)
時間:午前10時~11時30分
場所:岩倉具視幽棲旧宅 鄰雲軒・対岳文庫・事務所棟休憩室
定員:15人
料金:1回700円(別途要入場料)
申し込み方法:
 岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。
岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100
電話・FAX:075-781-7984

各回の予定内容
平成30年4月21日(土)第1回「くずし字にふれてみよう~古い言い回しを知る」(終了)しました)
平成30年5月19日(土)第2回「数字をよんでみよう」(終了)しました)
平成30年6月16日(土)第3回「江戸時代の単位を知ろう」
平成30年7月21日(土)第4回「ひらがなをよんでみよう(1)」
平成30年9月15日(土)第5回「ひらがなをよんでみよう(2)」(仮)
平成30年10月20日(土)第6回「地域の寺社のようすを知ろう(1)」(仮)
平成30年11月17日(土)第7回「地域の寺社のようすを知ろう(2)」(仮)
平成31年1月19日(土)第8回「江戸時代の村のようすを知ろう(1)」(仮)
平成31年2月16日(土)第9回「江戸時代の村のようすを知ろう(2)」(仮)
平成31年3月16日(土)第10回「地域と岩倉具視の関係を知ろう」(仮)

 

 

 

 

 

(お知らせ)明治維新150年記念歴史講演会「岩倉具視と集う人材―山中静逸と柳の図子党―」について

 幕末の政治史に重要な位置を占める岩倉具視。岩倉村に逼塞していた間にも様々なコネクションを通じて情報収集を行い、政策立案に反映していました。山中静逸や松尾相永、藤井九成らの柳の図子党の面々も岩倉に協力していた志士たちです。彼らはどのようにして岩倉の下に集い、どのようなことに参画していたのでしょうか。岩倉具視を巡る知られざるネットワークについてご紹介いたします。

日時:2018年5月26日(土)14:30~16:00
講師:笹部昌利(京都産業大学文化学部助教)
募集:30名
参加費:1000円(別途要入場料)

申し込み方法:岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口あるいは、下記の電話、FAXにてお申し込みください。

 岩倉具視幽棲旧宅管理事務所 電話 075-781-7984 FAX 075-781-7984

※京都市共催事業

 

 

 

 

(お知らせ)平成30年度「春期京都非公開文化財特別公開」について

 「京都非公開文化財特別公開」は昭和40年にはじまった文化財愛護の普及啓発事業で、文化財を公開することにより、市民あるいは広く国民的な活用に資し、且つそれに基づいて文化財愛護の関心を高めるという趣旨のもと、春・秋の年2回開催しており今回で通算73回目の開催になります。

 今回の特別公開に、岩倉具視幽棲旧宅も参加することとなりました。対岳文庫において、「具視公一代絵巻」を一堂に会して展示いたします。

 下記の要領で開催いたしますので、是非足をお運びください。

【期 間】 平成30年4月27日(金)~5月6日(日)
【時 間】 午前9時~午後4時(拝観受付) 
【拝観料】 大人800円、中高生400円 (※当該期間は通常と料金が異なりますので、ご注意ください。)
【その他】  事前のご予約は不要ですが、15名以上の団体様は事前に 事務局までご連絡をお願いします。
【お問い合せ】  公益財団法人京都古文化保存協会事務局
 電話075-754-0120/FAX075-754-0122 (平日 午前10時~午後5時) 

詳しくは、下記のURLでご確認ください。

京都古文化保存協会「春期京都非公開文化財特別公開」

http://www.kobunka.com/tokubetsu/index.html

 

(お知らせ)岩倉具視幽棲旧宅 ミュージアム・トーク(全10回)について

 岩倉具視幽棲旧宅にある主屋・附属屋・繋屋や対岳文庫のしつらえや建築などについて当時の生活や風習、文化などを交えて当施設学芸員が解説します。解説の際には、しつらえの側でじっくりご見学いただけます。参加無料・事前予約も不要ですので、お気軽にぜひご参加下さい。

開催日:4月~3月 第4土曜(8月、12月は休み)
時間:13時30分~14時15分
場所:岩倉具視幽棲旧宅 鄰雲軒・対岳文庫・事務所棟休憩室
定員:15人(事前申し込み不要です。当日窓口でお申し出ください。)
料金:無料(別途要入場料)
問い合わせ先:岩倉具視幽棲旧宅管理事務所
住所:京都市左京区岩倉上蔵町100
電話・FAX:075-781-7984

各回の予定内容 

平成30年4月28日(土)第1回「台所」
平成30年5月26日(土)第2回「ふすま」
平成30年6月23日(土)第3回「ガラス障子」
平成30年7月28日(土)第4回「トイレ」(仮)
平成30年9月22日(土)第5回「門」(仮)
平成30年10月27日(土)第6回「床の間」(仮)
平成30年11月24日(土)第7回「風呂」(仮)
平成31年1月26日(土)第8回「玄関」(仮)
平成31年2月23日(土)第9回「対岳文庫」(仮)
平成31年3月23日(土)第10回「あかり」(仮)

(お知らせ)岩倉具視の古文書を読む(全10回)について

 岩倉具視幽棲旧宅では、岩倉具視の古文書を読む講座を開催いたします。岩倉具視の古文書を皆さんで一緒に読みませんか。当館学芸員の手ほどきにより岩倉具視の人柄が分かる史料や明治維新の重要事項の史料を読みましょう

 古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、岩倉具視の異なった側面を知ることが出来ます。逐次参加を受け付けています。全10回の途中からの参加もOKです。

開催日:4月~3月 第4土曜(8月、12月は休み)
時間:午前10時~11時30分
場所:岩倉具視幽棲旧宅 鄰雲軒・対岳文庫・事務所棟休憩室
定員:15人
料金:1回700円(別途要入場料)
申し込み方法:
 岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。
岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100
電話・FAX:075-781-7984

各回の予定内容
平成30年4月28日(土)第1回「岩倉具視はどんな手紙を書いていたのか?」
平成30年5月26日(土)第2回「岩倉具視の建白書を読む(1)」
平成30年6月23日(土)第3回「岩倉具視の建白書を読む(2)」
平成30年7月28日(土)第4回「岩倉具視の日記を読む(1)」(仮)
平成30年9月22日(土)第5回「岩倉具視の日記を読む(2)」(仮)
平成30年10月27日(土)第6回「岩倉具視の幕末の手紙を読む(1)」(仮)
平成30年11月24日(土)第7回「岩倉具視の幕末の手紙を読む(2)」(仮)
平成31年1月26日(土)第8回「岩倉具視の明治の手紙を読む(1)」(仮)
平成31年2月23日(土)第9回「岩倉具視の明治の手紙を読む(2)」(仮)
平成31年3月23日(土)第10回「岩倉具視の明治の手紙を読む(3)」(仮)

 

(お知らせ)くずし字を読んでみよう(古文書講座 初級編 全10回)について

 岩倉具視幽棲旧宅では、くずし字に親しみ、地域の古文書を読みとく講座を開催いたします。当館学芸員の手ほどきのもとで、岩倉地域にかかわる江戸時代の古文書や名所図絵などを用いて学習します。

 古文書から直接情報を読み取り、学芸員の解説も加えることで、時代劇のイメージとは異なる、江戸時代の岩倉村の生き生きとした様子を学ぶことが出来ます。

開催日:4月~3月 第3土曜(8月、12月は休み)
時間:午前10時~11時30分
場所:岩倉具視幽棲旧宅 鄰雲軒・対岳文庫・事務所棟休憩室
定員:15人
料金:1回700円(別途要入場料)
申し込み方法:
 岩倉具視幽棲旧宅管理事務所の窓口、電話、FAX(氏名、連絡先の記入が必要)でお申し込み下さい。
岩倉具視幽棲旧宅 管理事務所

住所:京都市左京区岩倉上蔵町100
電話・FAX:075-781-7984

各回の予定内容
平成30年4月21日(土)第1回「くずし字にふれてみよう~古い言い回しを知る」
平成30年5月19日(土)第2回「数字をよんでみよう」
平成30年6月16日(土)第3回「江戸時代の単位を知ろう」
平成30年7月21日(土)第4回「ひらがなをよんでみよう(1)」(仮)
平成30年9月15日(土)第5回「ひらがなをよんでみよう(2)」(仮)
平成30年10月20日(土)第6回「地域の寺社のようすを知ろう(1)」(仮)
平成30年11月17日(土)第7回「地域の寺社のようすを知ろう(2)」(仮)
平成31年1月19日(土)第8回「江戸時代の村のようすを知ろう(1)」(仮)
平成31年2月16日(土)第9回「江戸時代の村のようすを知ろう(2)」(仮)
平成31年3月16日(土)第10回「地域と岩倉具視の関係を知ろう」(仮)