1862年10月

10月22日(土)、石座神社で火祭りが行われます。この祭礼は松明を用いた神事で、朝神事と昼神事の2つに分かれて執り行われ、朝神事は午前2時30分から神事が行われ、3時に松明に点火、松明が燃え尽きる5時ごに大人神輿が神輿御旅所に向けて出発し、6時30分ごろに御旅所へ到着する。昼神事は14時ころに行列が御旅所を出発し、16時ころに神事が行われた後、拝殿前で岩倉踊が奉納されます。

 岩倉具視は岩倉村に移り住んですぐに石座神社へ参拝したことが日記(文久2年12月25日)にも見受けられ、しばしば参拝したと伝わります。また後には岩倉家から神社へ灯篭や田畑を寄進したと伝わっています。岩倉具視が参拝した石座神社は当施設から北へ徒歩約5分ほどのところにあります。当施設にご来場の際は是非石座神社にも立ち寄ってみてください。